camera de surveillance nancy logiciel de mouchard sur iphone localiser mon portable.com best surveillance service de camera de video surveillance sans fil iphone comment espionner le telephone de quelquun a distance comment espionner un portable qui na pas internet camera de surveillance utilisation espionner iphone ios .2 localiser mon iphone tuto pirater precision localisation localiser mon iphone sous windows ecoute telephonique caen nimes comment trouver numero imei portable trouver son numero portable orange localisation dun tlphone android comment surveiller iphone retrouver numero portable effac iphone logiciel espion sms samsung gratuit retrouver son espionner application pour localiser son portable android comment localiser mon iphone ios 10 application cydia iphone 7 application despionnage pour iphone logiciel espion windows xp gratuit bloquer localisation iphone government scanner ecoute telephone portable iphone 6 Plus espion logiciel espion espion sms golocaliser localisation portable par numero comment espionnage sms gratuit Tinder location app for mobile application instagram espionner un iphone simplement

元国税調査官が教える税金からは逃れられない理由とは〜税務調査対策と節税

ここでは、なぜ税金からは逃れられないのかを、国税勤続30年以上のベテランよる情報を元にご説明しています.


絶対に逃がさない。そう語った元ベテラン調査官

国民の義務であるから逃げることはできないのは当然として
調査官のホンネ〜出世でお伝えしたように、納税させる事は何より調査官の成績にもつながります。

取材時、税理士の立場でありながら

逃がしませんよ。絶対に』と語った元ベテランは
現役時代の”クセ”が抜け切れていない様子でした。

潰す予定の法人に重加算税。個人で逃げ特は通用するか

法人と個人は税務上も商法上も別人格です。
法人の責任は例え代表者でも、個人では負わないのが原則です。

しかし、元ベテラン曰く、

『そのような言い逃れはさせません。法人で払わないなら
個人で修正申告(払わせる)してもらうのが実務です


とのこと。

つまり、税金は(特にペナルティーの意味合いがある税金は)逃れることは出来ないようです。

なお、ある弁護士が言うのは、税金滞納は破産の理由にはならない(裁判所が認めない)ようで、
当然、清算手続きも不可能です。

→終わり

内容〜税務調査の対処方法・納税額の減額法、裏話や実態も徹底指南

※全てのコンテンツは、元国税調査官・現役の国税統括官からの情報を元に作成しています。

税務調査のベストな対処方法 ・・・一部紹介
●ポイントは2つだけ。 元調査官秘伝の対処方法
●やりがちだけど絶対に取ってはいけない態度を知っておけ 〜その一言で納税額に影響が
●短期間で調査を終わらせる方法 〜長い人で4か月以上も掛かる場合も
●調査当日、調査官の心象改善。絶対するべきある簡単な事 〜元調査官のススメ
●税務署・国税の言いなりにならない方法〜元キャリア調査官が勧める納税額の減額方法
●現金管理の場合はこうしろ

こぼれ話
※レシートの大半を捨てており、原価証明が出来ない。どうなる課税額
※税務署・国税の脅し?最強のカードを切ってくる場合 〜元キャリア自供。調査官時代にやった方法
※税務署・国税調査がいきなり来る場合と 事前連絡の上で来る場合 他

一般人が知らない税務署・国税の姿 ・・・一部紹介
●税務署・国税はネットに関心を寄せている〜現役国税調査官が漏らした金言
●ネットでも監視の目を光らせる国税内偵の実態
●税務署・国税は口座をどう把握するか
●任意調査と強制調査。1点だけ押さえるべき『ポイント』
●普通の税理士の修正申告は受け付けない事が多い 〜元調査官の語る税務署の姿
※腕の良い調査官は、監督機関の調査も”体よく”切り抜ける。そんなプロが統括官になる。 他

知って特するレア情報・・・一部紹介
●現役の統括国税調査官と元マルサが満場一致。国内の”おススメの”銀行口座
●法人の重加算税等、”個人だから”で逃げられる? 〜元国税調査官が笑いながら答えた事 他
●統括官が調査後、『上司に報告する』と言ったら、XXXの合図。


※全てのコンテンツは、元国税調査官・現役の国税統括官、調査を乗り切ったクライアントからの
情報を元に作成しています。

正規版・Gオフィス式:税務調査対策指南
6980円

【ご提供・配送方法】
1 メール添付(即日引き渡し可)/ 送料無料 ※PCアドレス宛てのみ添付可
2 冊子版配送/お振込み又は代引き発送
【送料】
お振込み:一律500円 代引き:一律代引き手数料込み1000円

税実務と実態〜無料提供

●こちらも”濃い”内容になっています。非常に面白い話ばかりですので
是非ご一読下さい。特に第2回目は目からウロコかと存じます。
→今すぐ購読する

コンテンツ
第1回  ペイパルと国税庁 
第2回   お尋ね・調査当日、実は●●をして良い。※必読です
第3回  税務署は、法人税よりも高い個人所得を狙って課税したい

第4回  国税有利に導く調査官の手法
第5回  現役の調査官語録〜海外で所得等を誤魔化している者は●●

※完全無料・第三者への情報提供は致しません。
DMで税理士の紹介斡旋も致しません。ご安心下さいませ。
1クリックでいつでも配信解除が可能です。
※ご記入頂いた個人情報は、配信やご連絡以外の目的で使用はいたしません

是非ご一読下さいませ